大牟田たちばな幼稚園 | 保護者の声

保護者の皆さまからの声

在園児や卒園児の保護者の方からお寄せいただいた声を集め、ご紹介いたします。

年中(Zさん)

先日は終日熱い日差しの中での運動会、本当にお疲れ様でした。 子どもたちも自分の競技を精一杯やりきった様子で、大満足のようでした。 帰宅したあと、少しは疲れてるかなと思いきや、家の中でも大暴れ。さすが「たちばなキッズ」の体力は目を見張るものがあります。 2度目の運動会を拝見させていただき、改めて質の高さに感服しました。 子どもたちの真剣なまなざし、それを導く教職員の皆様、見守り応援する父兄の方々、どれをとってもさわやかなで気持ちのいい光景でした。 友人に「子供をたちばな幼稚園に通わせている」と話すと、「あ~、あのエリート幼稚園ね」とか「スパルタの所でしょ」などと返答されることが何度かありました。 本当にそうだろうか…決してそんな風には見えないが…と疑問に感じる節が幾つかありましたが、運動会の光景を見て、その答えがはっきりと分かりました。 YYプロジェクトを主軸とした「自立」を目指した教育理念、目的実現のため一生懸命子供たちに指導する教職員、気持ちを汲み期待に見事に応える子供たち。 理念と実践と結果、この三位一体があり、教師と生徒が共に一生懸命になっているからこそ、大きな成果が生まれているんだと感じました。 たちばな幼稚園はエリート集団でもスパルタ幼稚園でもないと思います。 周囲から見ればすごい幼稚園なのかもしれませんが、「世間で希薄になってしまった『当たり前』のことを『真剣』に取り組んでいる」だけ、それが結果として実になっているのではないかと。 皆さんの姿を拝見しながら、一人感動していました。 あと1年数カ月、子供には「たちばな幼稚園」で少しでも多くのことを学び、実践してもらいたい。 また、私自身も様々なかたちで、園の運営を微力ながらサポートしていきたい。 そう決意を新たにしています。 運動会を迎えるにあたり、さまざまなご指導いただいた教職員の先生方、また陰の面でいろいろご協力いただいた役員の方々、警備の方やリース搬送業者、写真撮影の方々、会場を提供していただいた橘中学校その他多くの関係者の方々、本当にありがとうございました。 私たち家族は、大きな大きな思い出を築くことができました。 また、今後ともたくさんお世話になると思いますが、何とぞよろしくお願いいたします。